私たちの想い。

生きるためにご飯を食べる。

生きるために生き物の命をいただく。

生きるための生き物を育てる産業、

それが、農業なのです。

 

 ”生きるために育てる”

 

農業の本質を見失わず、地に足をつけて生きる。

そんなこだわりを持って生産に携わる方々を応援したい。

 

九州ほんものマイスターはそんな想いで結成いたしました。

 

『フレンチジビエ×ワイン会@中目黒 開催しました!』

九州ほんものマイスターが提供する熊本県産の鹿肉と

ワインのマリアージュを楽しむ大人のお食事会が開催されました!

 

 

お食事は贅沢にフレンチビュッフェ形式。

 

また、由井シェフ選りすぐりの旬のお野菜等、

その他の食材も提供!

 

 

40名以上の方にお越しいただきました!

皆さまご参加ありがとうございます。

 

 

〈日時〉

3月12日(日) 19:00〜22:00

 

〈場所〉

中目黒アトラスタワー1階

中目黒BBS Dining

最新ブログ

い草魂、大人気!!!

 

こんにちは、九州ほんものマイスターの石原です!

 

 

本日は私たちの商品、

い草を使ったインソール「い草魂」について

のブログです。

 

これまでもい草魂についての記事は何度か書かせていただきましたが、

そのい草魂が

 

「足に馴染んですごくいい!」

「足の匂いが気にならなくなった!」

 

とお客様から好評を頂いております!

 

日本の伝統であるい草を

私たちの手で守っていきたい。。。

 

そんな気持ちで熊本のい草農家さんを

皆さんと一緒に応援できればと思っています。

 

 

商品が気になった方はネットからも商品購入することもできますので見てみてくださいね^ ^


0 コメント

アメリカから、はじめまして!

こんにちは!ブログ初投稿となります、石川凜です。

 

九州ほんものマイスターには昨年11月に出会い、その活動やメンバーの想いに共感し、ぜひ私も力になれればと思い参画させていただきました。

 

今回は九州ほんものマイスターの活動とは少し離れますが、簡単に自己紹介を兼ねて私の勉強していることなどを書かせていただきます。

 

私は京都大学農学部の三回生ですが、現在はアメリカ・ケンタッキー大学にて一年間の留学中です。

留学を決めた理由はいくつかありますが、一番は私の今の専攻である「Sustainable Agriculture(持続可能な農業)」について勉強したかったからです。

この学問分野は比較的新しく日本でもまだあまり浸透していませんが、その重要性は日に日に増しているように感じます。

 

ここでそもそもSustainable(持続可能)とは何かですが、ここでは環境・経済・社会という3つの面でとらえられています。

例えば、環境という面では農薬・化学肥料・エネルギーの投入を減らして環境負荷を小さくすること、経済の面では巨大な力を持つ大企業に搾取されるのではなく農家が自立して収入を得ることができるようにすること、そして社会という面では外部に食料を依存するのではなくコミュニティの中で循環するフードシステムを築くこと、などが挙げられます。

 

20世紀、グローバル化と資本主義経済の拡大は進み、私たち人間の生きる根本であるはずの「食」までもが大量生産大量消費されるようになりました。

その一方で、世界では環境破壊が取り返しのつかないほど深刻に、農家は貧困と過酷な労働環境にあえぐようになり、日本でも農村は疲弊し、都会に暮らす消費者は生きる実感や自然とのつながりを失ってきました。

そして21世紀のいま、私たちは大きな転換点を迎えているように感じます。

 

私は今年1年間アメリカでたくさんの学びを得たのちに、帰国後は他のメンバーとともに日本から、農業、農村、食、ビジネスのあり方を問い直していきたいと思っています!

 

いきなり大風呂敷を広げてしまった感がありますが(笑)、どうぞよろしくお願いします^^

 

九州ほんものマイスター 石川凜

 


続きを読む 0 コメント

い草の本場、熊本県八代へ

東京農大生発!九州ほんものマイスターの松木です。

 

い草の本場、八代へ行ってきました。

 

いや、すごい。

何がすごいって、この写真の綺麗さがものすごいですよね。

撮影したのは自分です。

はい。すみません。

 

 

まぁそんな形で、現場に足を運んできました。

今回は、い草のインソール「い草魂」のい草を作っている農家さん。

 

山本一さんという世界で唯一、完全無農薬でい草を作っている匠です。

普通のい草は虫がつきやすく、一度虫に食われてしまうと畳に使えなくなってしまうので、

農薬を使うのが一般的なのです。

が、山本さんは草取りに苦労しながらも毎年無農薬で栽培しているそうです。

 

品質も最高級で、「い草魂」もめちゃくちゃいい香りがするのも納得でした。

 

そんな山本さんですが、少し前までは体調が悪かったそうです。

今は体調も回復し、今年もい草を栽培するそうですが、

お話を聞いて少し危機感を覚えました。

 

でもこれは、い草だけの話ではないと思います。

 

日本全国で、ほんものの生産者が働けなくなっていき、

昔は普通だったものが、音もなく品質の良くない商品に入れ替わっているのだ

ということを改めて認識させられました。

 

そんな時代の中で、

少しでも自分たちの活動が地域産業の応援になればいいなと思います。

 

 

 

九州ほんものマイスター 松木太

続きを読む 0 コメント

ブログ カテゴリー

過去ログ

・2016年7月

・2016年9月